可愛いもの、美味しいものetc…。私の「好き」をぎゅうっとつめた宝石箱です。


by framboise73
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

COMPLEX BIZのヘアクリップ

f0114007_1149920.jpg今週はとってもイライラ。
「待ち」の案件が多くて、思うように仕事が進まなくて。

で、気分転換に、前から欲しかったCOMPLEX BIZのヘアクリップを買いました。早速、くるくるっとハーフアップにして会社へ。ストーンや淡水パールが下がるタイプだから、ちょっとしたパーティーのときにも使うつもりです。


ここのクリップは、かみ合わせがしっかりしていて、朝から晩までアップスタイルをキープできちゃう優れもの。デザインも色も種類豊富で、どれもとってもCuteなんです。今回はローズ系の色合わせを選んだけど、少しずつ集めたいな~。

こういうちょっとしたお買い物で、女のコの気持ちって上を向くんだよね。
[PR]
# by framboise73 | 2007-09-22 12:11 | fashion
f0114007_2111570.jpg


 ようやく夏休みの日記をUPし終えたところなんだけれど…。
 2週間ほど前に、入社後初の休暇をとって、石垣島に行ってきました。東京が台風の直撃を受けたまさにその日のこと。でも、予約してあった便は無事に飛んでくれて、青い空と青い海に会うことができました。ただぼんやりと空と海を眺める時間を、とてつもなく愛おしく感じた3日間。沖縄の空気に抱かれながらのドライブは最高に気持ちよかった!

 上の写真は、初日に訪れた石垣島イチの景勝地、川平湾。グラデーションを描くように美しい色の変化を見せる、波ひとつない海です。日本にもこんなにステキなところがあるんだね…。

f0114007_237721.jpg

 ホテルから見た夕日。広い空に光と影を作る、幻想的な景色。


 高速船で竹富島にも足を運びました。
 目にするものすべてが穏やかで、とっても素朴。ここにいたら、これ以上のことなど何も望むまいと、無欲になれる気がします。舗装されていない道を踏みしめる音が、とてつもなく心地いいの。島をぐるりと取り囲む真っ白な砂浜と遠浅の海も、忘れられない!
f0114007_2565015.jpg


 そして、もうひとつ。石垣で三線を習ってきました。最初の一音を弾くまで、うまく弾けるかな?って、もうどきどき。でも、1時間のレッスンで、基本の音階はマスター。下手っぴだけど、「涙そうそう」を弾けるようになりました♪

 3日間のtripで、心もカラダもリセットされた感じ。でも戻った職場は、にわかに慌しくなっていて…。これから年末まで、イベントが山のように控えていて、ノンストップです。私にとっては、初めてのイベントばかり。楽しみでもあるけれど、任されている範囲が広すぎて正直ちょっと不安。とりあえず、この3連休は新たな約束は入れずに、資料を読みあさります。まずは、フラ語100P。それから、英語20P…。これを苦にしていてはダメなんだけど。何事もPAS A PAS(一歩一歩)いかなくちゃね。次は、宮古島に行きたいな~。
[PR]
# by framboise73 | 2007-09-22 03:30 | travel

夏休みの日記6

f0114007_1591232.jpg8月17日(金) 宮部みゆき「名もなき毒」読了。

自身の内に秘める毒、知らぬ間に吐き出している毒、身の回りに潜む毒について考えさせられる作品。宮部みゆきらしく、あらゆる描写がいささか細かいけれども、それでも、最後まで一気に読者を引っ張る力を持っています。

こうしてのんびり本を読んでいられるのも今日が最後。明日には東京に帰ります。そして週明けから仕事が再スタート。平凡な毎日だったけど、これが幸せなんだよね。
[PR]
# by framboise73 | 2007-09-22 02:06 | book&cinema

夏休みの日記5

8月15日(水) 特記事項なし。

8月16日(木) 那須街道沿い「豆寿屋」さんでランチ。

 11日深夜にこちらに来てから、那須街道に出るたのは今日が初。案の定大渋滞でした…。那須ICと那須湯本を結ぶこの道は、行楽シーズンに入るといつでも渋滞。地元の人や、別荘暮らしの人は、なるべくこの道を避けるのですが、避けられない用事も多々あります。

 今日は、どうしても「豆寿屋」さんに行きたかったので、いたし方なく那須街道へ出た次第です。広谷地の交差点から渋滞の中をだらだらと進むこと15分ほど(本来なら3分ほどなのですが)。ようやく目的地に到着しました。

 「豆寿屋」さんは、ゆばの専門店。インターネットでもお取り寄せして楽しむことができます。

f0114007_1655321.jpg 今回は「寿膳」というゆば料理の定食(¥1,500)を頂きました。
豆乳・刺身ゆば・巻きゆばの煮物、おから炒め、ゆばチップいりのサラダ・緑豆・大豆の甘煮・ごはん・汲み上げゆば入りのお味噌汁…がセットになった、ヘルシーながらもボリューム満点の定食です。
 刺身ゆばはおかわり自由なので、いつもは少食な私も、ついおかわり。ここのとろ~っとしたお刺身ゆば、大好きなもので…。

 このあと、那須街道沿いのチーズ屋さんをちらりと覗いて、ついでにホテルの温泉で日帰り入浴。美味しいものを食べて、温泉につかって、本当に贅沢な夏休みを過ごしています。

■豆寿屋
add:栃木県那須郡那須町高久乙2733-2
tel:0287-78-1355
http://www.touju.com
[PR]
# by framboise73 | 2007-09-09 17:08 | diary

夏休みの日記4

f0114007_16254592.jpg 8月14日(火)
那須高原大橋近くにできた、石窯焼のパン屋さん「NAOZO」へ。

 ブルーベリーのマフィンと、じゃがいものパン(フォカッチャみたい感じ)をトレーにとって、店内のカフェスペースで試食。粉の味がしっかりとする、美味しいパンでした。マフィンはバターがたっぷりと入っていて、かなり濃厚です。

 レジ前に置かれた机の上に、無造作に並べられたパンたち。バスケットやトレーのテーストは、ナチュラルに統一されていて、雰囲気作りも上手です。入口入って右手奥に大きな石窯があって、机の上に焼きたてのパンが次々と並べられる仕組み。
 
 美味しいパン屋さんが点在するこの激戦区那須で、別荘族御用達になるかしら?

■NAOZO artisan boulanger
add:那須塩原市西岩崎232-454
tel:0287-68-0192
[PR]
# by framboise73 | 2007-09-09 16:37 | cafe&sweets

夏休みの日記3

夏休みなんて、もうとっくの昔のお話だけど、もう少しだけ。

f0114007_1551124.jpg8月13日(月)
伊坂幸太郎「グラスホッパー」読了。

 小説家には失礼な話だけれど、本を選ぶとき、私はまったくと言っていいほどストーリーにはこだわりません。書店でパッと開いてみて、目にとまった文章のフィーリングが自分と合えば買う…そんなスタンスです。

 伊坂幸太郎も、そうして好きになった作家さん。
この人のつむぐ言葉の軽妙なテンポとか、情景の描写とか、すごく好きです。一風変わった舞台設定、ちょっとシビアで皮肉なテーマ、本全体に張り巡らされている伏線、作者の主張の強さ。これらは、彼の本に共通する面白さであり、読み手にきちんと考えさせる力を持っています。
 
 ストーリーそのものは、一見するとハードボイルドなにおいがするものが多くて、この「グラスホッパー」も例外ではありません(だって、幾人もの「殺し屋」が登場するくらいですから…)。でも、「きちんと生きる」「生きているように、生きる」ことが、どれほど素晴らしいことか、そうでない者は「死んでいる」に等しいんだ…ということを、じわりじわりと訴えかけてきました。

 さて、次は何を読もうかな。
[PR]
# by framboise73 | 2007-09-09 16:14 | book&cinema

夏休みの日記2

8月12日(日)
昨晩、深夜の新幹線で一路那須高原へ。文字通りの「避暑」です。
これから1週間、こっちでのんびりします。

今日は久しぶりに1988 CAFE SHOZOを訪ねました。
那須にありながら、この名は東京でも有名。
カフェマニアからの支持を得ているだけでなく、
古アパートをリノベーションしてカフェにしている…という点でも注目されているようです。

f0114007_2204643.jpg  
店内はこんな感じで、穏やかで暖かな空気に満ちています。

f0114007_2253073.jpg使い込まれた机のキズとか、
レトロなランプからこぼれる光とか、
どこか懐かしい、心にじんわりと響くインテリア。
東京でも流行りそうなタイプのカフェだけど、
SHOZOはこうして東京から離れたところにあるからこそ、
意味があるんじゃないかな。できることなら、
いつもここで待っていてほしい、そんな風に思えるから。

f0114007_2552647.jpg
ちなみに今回座ったのは、私が勝手に「特等席」と決めている場所。
階段を3段ほど上ったエリアの隅っこ。
陽だまりの中にいるみたいな気持ちになれる、お気に入りの席です。
ここで、シフォンケーキをお供に1時間ほど過ごしました。
那須滞在中に、もう1回くらい訪ねようかしら。

■1988 CAFE SHOZO
add/栃木県那須塩原市高砂町6-6
tel/0287-63-9833
[PR]
# by framboise73 | 2007-08-26 03:06 | cafe&sweets

夏休みの日記1

8月11日(土)
待ちに待った夏休み。9連休です。

8:10AM ゴルフレッスンへ。
200球ばかり打っただけで、汗がしたたり落ちるほどの暑さ。
帰り道、車の外気温表示を見たら32.5℃。まだ朝の9時半なのに…。
目を細めながら見上げた空には雲ひとつなくて、
思わず夏の空気を思い切り吸い込んでみる。
夏特有の生暖かい空気が体に満ちて、私の夏もここから本番!

f0114007_15445074.jpg
17:00PM 東京国際フォーラムへ。
7月4日にトリノでお披露目されたばかりの
新Fiat500に初対面!

日本初上陸(のはず)なのに、
大々的なPRはなにもなく…。
HP上でのひっそりとした告知を見つけてくれた、
会社の先輩に感謝です。

念願叶って相対したFiat500は、
とにもかくにもcute。
サイズに似合わないその熟成された佇まいに
一瞬で恋をして、もうめろめろ。

※写真は、こだわりのリアビュー。





一緒に置いてあるパンダやプントには目もくれず、Fiat500を目がけてやってきて、
デジカメ片手にエクステリアを見て回り、インテリアを執拗なまでにのぞき込み、
果ては車体下までチェックする車好きが、うろちょろしていました。
(私もそのひとりか…)

ちなみに展示されていたのは、左ハンドルの6速MT、サンルーフ付。
リヤの写真を見てわかるように、登録などはされていなくて、
日本のデザイン性に乏しいナンバープレートをどう取り付けるのかは謎。

大好きなAudi TTを手放す気にはならないけれど、
これで走りが良かったら、ちょっと浮気しちゃうかも!?
フィアットオートジャパンさん、日本導入が待ち遠しいです!
[PR]
# by framboise73 | 2007-08-19 16:08 | car

神楽坂さんぽ

 3連休最終日。家でのんびり読書でもしようかな…と思っていたのに、
朝起きたら久しぶりの青空が。急いで支度をして、家を飛び出しました。
行き先は神楽坂。なんだか無性に散歩がしたくて…。

 神楽坂駅で電車を降りて、ぷらぷらと坂を下りながら路地裏へ。昼間にあのあたりを歩くのは、いつ以来だったのかな?高校時代、先生の目を盗むようにして寄り道した甘味処や喫茶店は今も健在。一歩裏道に入れば、フレンチテーストなレストランやチーズ屋さんが軒を連ねます。かと思えば、突然神社が出現したり。これが神楽坂の魅力。
 昨日は、このちょっとノスタルジックな光景を写真におさめようと、トイカメラのHOLGAをカバンに潜ませて出かけました。数回シャッターを切ったものの、何が撮れているかわからないのがトイカメラ。現像するのが楽しみ!

 そして、裏ミッション「昼からワイン」を実行に移しました。
「Le Bretagneでそば粉のガレットを食べながら、シードルか白ワイン」が第1プランだったのだけれど、お店に行列ができていて断念。そのまま「Maison de la Bourgogne」に移動しました。

 神楽坂は、東京で5本の指に入るほど、フランス人遭遇率が高い街。「東京のモンマルトル」なんて呼ばれることも。当然、フランスの食文化が街全体に根付いていて、フレンチレストランはどこもとってもハイレベルです。立ち寄ったMaison de la Bourgogneは、ブルゴーニュの郷土料理をはじめ、カジュアルなフランス料理がメニューに並ぶワインバー。フランス人の店員さんが話すフランス語を聞いていたら、日本から一気に引き離されました。隣のグループは習いたてのフランス語でオーダーを試みていて、微笑ましかったです。

f0114007_175354.jpg ちなみに、今回、私が注文したのはコレ。
 ふわっふわのスフレです!
 パテでも食べようかな…と目論んでいたのに、メニューにスフレの文字を見つけた途端に心変わりしてしまい、即決でした。こういうスフレを食べられるお店って、東京では少ないんです。もちろんワインも注文して、ミッション完遂。幸せ~。





散歩の途中で、いくつか気になるお店も発見。次は新規開拓しようと思います!

■Maison de la Bourgogne
add:東京都新宿区神楽坂3-6-5 Via神楽坂1F
tel:03-3260-7280
[PR]
# by framboise73 | 2007-07-18 00:09 | diary
金曜夜、久しぶりに明け方まで起きていたら、翌朝肌に出ました…。
そんなボロボロの肌をお供に、昨日は五反田でランチ。
向かった先は、「7025 フランクリン アヴェニュー」。

f0114007_21562965.jpg 高級住宅街島津山エリアにあるこのお店は、元大使館宿舎を利用したもの。外観も内装もかなり趣がある造りです。緑が美しい中庭があったりと、優雅な雰囲気でした。けれども、外壁にはちょっと似つかわしくないキュートなロゴが・・・。

f0114007_18354661.jpg それもそのはず。そう、なんとここはハンバーガー屋さんなのです。ボーリューミーなチーズバーガーにカゴいっぱいのフライドポテト…、メニューはいかにもアメリカン!
 でも、味は決して大味ではなくて、千駄ヶ谷のONE'S DINER、本郷のFIRE HOUSE、そして人形町のBROZER'S…と、今までチャレンジしたハンバーガーの中で、いちばん好み。素材の味がしっかりと生きたパテがとってもおいしかったです。席と席の間隔が広くて、騒々しくないのもポイント高。我が家からはちょっと遠いけど、これはまた足を運んでしまうかも。



日付変わって本日は、台風のためいちにち家に足止め。
明日は3連休最終日です。さぁて、何をして過ごそうかな。

■7025 フランクリンアベニュー
add:東京都品川区東五反田3-15-18
tel :03-3441-5028
[PR]
# by framboise73 | 2007-07-15 22:54 | gourmet