可愛いもの、美味しいものetc…。私の「好き」をぎゅうっとつめた宝石箱です。


by framboise73
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

NOKA CHOCOLATE

f0114007_029183.jpg

久しぶりに実家に帰ったら、こんなもの↑がありました。そう、NOKA CHOCOLATE!
NOKAは、東京ミッドタウンに日本第1号店がオープンした、アメリカ発の高級チョコレート店。
オープン当初はメディアへの露出も頻繁だったので、ご存知の方も多いかと思います。
なんでもアメリカのセレブたちが、パーティでごぞって供するチョコレートだそうで、
そのお値段はゴディバなんてめじゃないくらいハイクラスです…。

 厳選された産地のカカオに砂糖だけを加えて作られた、この極めてピュアなチョコレート。
箱を開けると、「チョコレートの楽しみ方」が書かれたマニュアルブックが入っています。
食べる前に、まず、深呼吸を3回することととか、香りを楽しんで…とか。
お作法なんて無視したくなっちゃうけど、値段のことを考えると、そういうわけにもいきません。
だって、この4粒で¥3,200…。私も、1粒だけありがたく頂きました。

 私が頂いたのは、CARMENAGOというエクアドル産のカカオを使用したもの。ベリーの香りが鼻に広がったあとは、いたってマイルドでした。驚いたのは、舌触りがとてもとても滑らかなこと。カカオのざらっとした感じがまったくないんです。マニュアルブックには、「シルクのような」と表現されていたけれど、それ以上の感覚でした。

 ところで、こんな高級チョコレートがなぜ実家にあったのかというと…。結婚記念日に、父が母にプレゼントしたのだそうで。日頃の「ありがとう」を、こんな風にさりげないカタチで伝えられるなんて、なかなかステキじゃない!ちょっとだけ父を見直したいちにちでした。
[PR]
# by framboise73 | 2007-12-30 00:55 | cafe&sweets

一生ものだから

 2007年も残すところわずか。今年は変化に富んだいちねんでした。でも、結果的には、すべてプラスの方向に動いています。よかった。
 新しい職場でも仕事を任せてもらえるようになってきて、それなりに忙しい毎日を送っています。けれども、今のところストレスフリー。来年はもうちょっと忙しくなりそうだから、今のうちにいろいろと下地を作っておきたいな。

 で、本題。雑誌で「自分へのごほうび」なんて言葉をよく目にします。「日ごろ頑張っている自分に、自分でちょっと豪華なごほうびあげる」というコンセプト。ラグジュアリーなホテルに一日ステイするとか、高級スパでのんびりするとか、男性にはちょっとおねだりできないようなジュエリーを買うとかetc。「まだ相応しくない」と思っていた私も、28歳になって「そろそろいいかな」という気持ちになってきました。

 そんな折、ひとつの出合いが。見た瞬間に惚れ込んでしまって、悩みに悩んだ末、購入を決意。メンテナンスをお願いして、3日後に手元にやってきました。
f0114007_2394022.jpg

スイスに本拠を置く、とある時計ブランドの腕時計。マニファクチュールとしての長い歴史を持つ老舗メーカーです。一点一点手作りの自動巻き。ケースはWG、ベゼルとラグの石はダイヤモンド…と、驚くほど高価で豪華な品です。28歳の私にはまだ早いと思ったけど、この種の時計は生産数も多くはないし、これもきっと何かの縁。タンスの肥やしにしてしまっては勿体ないので、折を見ては身に付けて外出しています。これを付けた日は、なんだか気持ちが引き締まります。

 一生ものの時計。ちょっと背伸びしちゃったけど、近い将来、この時計に見合う女性になれたらいいな…。
[PR]
# by framboise73 | 2007-12-24 12:19 | fashion

Hamburgerな日々

f0114007_2210336.jpg

 分厚いボリューミーなパティがサンドされた、かぶりつけないほど大きなハンバーガーが好きです。そんなハンバーガーをほうばるときの人の顔がまた好き。豪華なフレンチももちろん大好きだけれど、ビッグなハンバーガーを目の前にしたとき、人が見せる笑顔は格別。

 Keiとふたり、週末になるとハンバーガーショップに足を運んでいます。東京ミッドタウンのBaker Bounce、五反田のFranklin Ave.、原宿のTHE GREAT BURGER、千駄ヶ谷のONE’S DINER、地元人形町のBROZER’S…。とってもカジュアルな料理だけど、どれひとつとして同じ味はなくて、新しいお店に出かけるときはワクワクします。最近の、ささやかな楽しみです。
[PR]
# by framboise73 | 2007-11-24 22:45 | diary

Clarins !

f0114007_21273327.jpg

会社の先輩にお誘いをいただいて、クラランスのセールに行ってきました。
クラランスのコスメはそんなに馴染みがなくて、使ったことがあるのはアイシャドウくらい。
でも、このブランドはスリミングやアロマのボディケアものが評判。
クラランスのキットを手に入れたらボディのお手入れが楽しくなる気がして、
今回はそれを目当てに出発!!

そして、上の写真が今回の戦利品です。
色モノからボディケアものまでひと通り…と言った感じで、文字通りフルライン。
だって、びっくりするほど安かったんだもん。しかも終了間近になったら投売りが…。
これだけ買って出費は¥12,000でした。うれしい♪

今は、濃厚な香りがする美容液を、惜しげなくデコルテに使う贅沢を堪能中。
会社から帰って、お風呂に入って、お肌のケアをする…。
何気ない時間だけれど、私にとっては、自分をリセットしてあげる大切なひとときです。
女に生まれてよかった。そして、いつまでも女でいたいって思いながら、
日々、鏡の中の自分と向き合ってます。
[PR]
# by framboise73 | 2007-11-09 21:23 | diary

Pierre Herme Paris

f0114007_171348100.jpg

 先週のとある日、会社を出たところでひと足早く帰宅していたKeiからメールが。
「おやつを買っておいたよ」っていう、たったひと言のメールだったのに、一気に仕事の疲れが吹き飛んで家までまっしぐら。「おいしいケーキが食べたい」と呪文のように唱えていた私のわがままを聞き入れてくれたに違いない!と思って。

 冷蔵庫を開けてみたら、大好きなPierre Hermeの箱がそっと入っていました。中には、いちばんのお気に入り、イスパハン(写真)とモンブラン。もう、うれしいことこの上ないです。
 イスパハンは、ローズ・フランボワーズ・ライチの3つの素材が見事に調和した、ピエール・エルメを代表する華やかなお菓子。きれいなピンク色のマカロンにナイフを入れる瞬間はほんとうにドキドキします。あしらわれたバラの花びらの上に、一粒の雫を落としているきめ細やかな技は感涙ものです。モンブランも、タルト地に渋めなお味のマロンペーストがたっぷりと。、詰め込まれたメレンゲとクリームが濃厚で、この季節にはぴったり。

 頂き物の焼き菓子とかチョコレートなどは会社でもちょこちょこつまんでいるけれど、こういうケーキは久しぶりでした。ピエール・エルメも、百貨店への進出が相次いで、手軽に食べられるようになりましたね。ファンとしては嬉しい限り。ホテルニューオータニまで、エルメのお菓子だけを目的に足を運んでいたころが懐かしいです。

 風邪気味でテンション低めだったから、うれしいサプライズでした。Keiありがと★
[PR]
# by framboise73 | 2007-10-21 17:38 | cafe&sweets

最近のお買い物

 先週末、ようやく衣替えをしました。ウォークインクローゼットの奥に眠っていたニットやコートを寝室のクローゼットに移したり、ブーツを準備したり。重労働です…。一気に秋が深まってしまったものだから、何を着るのがちょうどよいのかわからなくて、通勤の洋服選びに時間がかかっています。まぁ、これも楽しみのひとつ。

 しばらく控えていたんだけれど、最近また、ちょこちょことお買い物をしています。
このところ、お店で真っ先に目が行くのが小物類。アクセサリーだったり、バッグだったり、靴だったり…。季節の変わり目は、洋服よりもまず小物をそろえたい派で、雑誌を眺めるときも小物の特集からチェックします。

最近買ったのは…
f0114007_449243.jpg○BANANA REPUBLICのストーンつきリング
バナリパのアクセはあなどれません。
作りがしっかりしていて、デザイン性も高くて、
しかも安い!スタイリストにも愛用者が多いです。
手持ちのアマゾナイト×淡水パールのネックレスと合わせます。


○明るめブラウンの乗馬ブーツ
3年間愛用した編み上げブーツのチャック部分が修理不能な状態になったため、
その代わりとして。すとんとした形で女のコらしいんだけど、ふくらはぎは編み上げ。
柔らか~い革だから、大切に履きます。
今年は、グレーのスエードブーツ(プラットフォーム)との2足体制になりそうです。

○シルバーメタリックのバレエシューズ
黒を一足持っているんだけれど、パイソンで雨には不向きってことで、
メタリック&キルティング加工のものを買い足しました。
ヒールをはかなくなると、脚のラインに緊張感がなくなるから、ほどほどに使います。

○Body Dressing Deluxeのジャケット
ちょっとシャイニーな素材の薄手JK。万能なブロンズ色です。
きちんとしたい日に、季節を問わず使えそう。

 
 散財しているように見えるけど、この中にはセール価格でGETしているものも。投資額は少なめです。これから冬に向けて絶対に欲しいのは、ウールのフルレングスのパンツと、キレイめなガウチョパンツ。通勤に使える冬用ボトム、あんまり持ってなくて…。

 去年の冬はは記録的な暖冬、しかも仕事が仕事だっただけに、カジュアル一辺倒で過ごしました。ショートパンツとか…ね。ドレスコードゆるめな会社とは言え、来客が多い部署ゆえそれなりに気を遣います…。パンツはラインが命だから、いっぱい試着して、「これぞ!」という1着をみつけたいな。
[PR]
# by framboise73 | 2007-10-21 04:53 | fashion

一歩ずつ上へ

 気温の変化に順応できず、風邪をひいてしまいました。ちょっと良くなったのをいいことに、出かけてしまったものだから、今、ぶり返してきてます。座っているのがツライくらい体が重い。どうしよう…。来週は、入社以来準備をしてきた、大きなイベントが控えているのに。しかも、週末だから、家のお掃除をまとめてしなくちゃいけないのに。

 でも、今日のお出かけにはちゃんとした目的があったんです。
そう、英会話学校の申し込みに行ってきました。英会話学校の授業料や仕組みについては、昨今あれこれ言われているけれど、「話す」場が確保されればいいと割り切ってのこと。決して安くはないけれど、ほんの少しの自信を持てたらいいな…と思って。

 小学校のころから、ちょっとイレギュラーな学校で、英語ではなくフランス語をメインに勉強してきました。だから、大学受験もフランス語で。英語はちょっと苦手なんです。…というか、「人並み」の知識がありません。生活や仕事に不自由しない程度のフランス語は備わっているけれど、みんなができて当然の英語を「知らない」…。それが、コンプレックスでした。
 そんなコンプレックスを振り払おうと、英語学校に通ったこともあったけど、当時は目的を見出せなくて。長続きしませんでした。でも、仕事の幅を広げたいっていう野望がある今なら、真正面から取り組める気がして。「人並み」のレベルに達するまで、がんばってみようと思います。

 今日は、ネイティブの先生と1対1で、20分くらいのレベルチェック。押し黙るくらい話せないはず…と思っていたけど、そこそこ会話がつながりました。
 で、結果は中級の真ん中くらい。ん?これって「そこそこ人並み」?って感じで拍子抜けです。良いところ、悪いところをひと通り講評してもらったところ、「文法はあんまり、けど話せる、発音もよい」=要は、子供と同じってことらしいです。「日本の英語教育」をほとんど受けずに、ネイティブの英語をちょこちょこ耳にして(小学校時代3年間ほどお遊びの英語教室に行きました)、そのあと英語学校で文法をちょっとだけかじって…という、受験英語とは完全に逆の道をたどると、こうなるみたい。机の上で勉強する英語と英会話は別物なんですね。

 どこまでいけるかはわからないけど、「勉強」は結構得意なので、真面目にやってみます。
 半年後、少しは結果が出ているといいな。
[PR]
# by framboise73 | 2007-10-20 19:04 | diary
何かの呪文みたいな名前ですが、れっきとしたイタリアンレストラン。
前の職場でお世話になった方に誘われて行って来ました。

目黒駅から歩くこと3~4分。
マンションが建ち並ぶ住宅街の中にひっそりと佇むトラットリアです。
「トラットリア」の名が示すように、店内はなにやら騒がしくて楽しげな雰囲気。

まずは、シャンパンを開けて乾杯。
元アシスタントちゃんのBirthday Partyを兼ねていたので、
この1本で一気にお祝いムードになりました。

レギュラーメニューももちろんありますが、
やっぱり気になるのは黒板に書かれている「本日のおすすめ」です。
が、黒板はすべてイタリア語で書かれているので、
店員さんの説明を必死になって聞いて暗記…。

その後皆で相談して、主におすすめの中から、
○生ハム&ルッコラ
○ポルチーニ茸のソテー
○カジキのなんとか
○鹿のソースを使ったフェットチーネ
○トマト系のソースを使ったショートパスタ
○牛フィレのゴルゴンゾーラソース
○ほろほろ鳥
○えびのなんとか

をオーダー。かれこれ1週間前の話&シャンパンとワインを飲みながらのお食事
だったので、メニューの詳細は忘れちゃいました…。反省。
前菜3品、パスタ2品、メイン3品を5人でシェアした感じです。
ドリンクは、シャンパン1本、白ワイン2本。
お会計の詳細は不明ですが、わりとカジュアルに楽しめるお店なはず。

肝心のお料理の味も◎。
この方が連れて行ってくださるお店には、はずれがありません。
どのお皿も幾重にも練られた奥深~い味がして、プロの心意気を感じます。
でもいちばんおいしかったのは、
ポルチーニ茸のシンプルなグリルだったりするんだけど(笑)。
素材の持つ圧倒的なチカラのおかげですね。

事前にお願いしていたBirthday Cakeはフルーツのタルトで、
ろうそくの灯をともして、店員さんたちの盛大な歌と共に運ばれてきました。
イタリア語では、「Happy Birthday」を、
「Buon Compleanno」と言うらしいです。
同じラテン系のフランス語とも、だいぶ違うのね…。

おしゃべりしながら、3時間半ほどの食事を楽しんで帰宅。
中には、1年ぶりに会った子もいて、編集部をちょっとだけ懐かしく思いました。
「編集部にいた頃より今のほうが艶っぽい」と言われて、反応に困ったけど。

次は旧連載チームの忘年会を盛大に開催する予定です!楽しみ★

■Trattoria Della Lanterna Magica
add:品川区上大崎2-9-26
tel:03-6408-1488
[PR]
# by framboise73 | 2007-10-14 22:48 | gourmet

Bon Courage !

本気で、まっすぐに、ときにはがむしゃらなまでに仕事に取り組みたい…
そう思えるチャンスって、約80年という人生の中で数えるほどだと思う。
そして、たぶん、今がそのとき。
これからの1年でどこまでステップアップできるかで、
私の「これから」が大きく変わるんじゃないかな。
いや、もしかしたら何も変わらないかもしれない。
でも、今をぼんやりと過ごしてしまったら、きっとあとで後悔すると思う。
こんなふうに、「なりたい自分」がはっきりと見えたのって、
22歳で社会人になってから、初めてのことかもしれない。
 
それなのに、何からはじめるべきなのか悩んでしまう。
あれもやりたい、これも知りたい…って思っても、
カラダとアタマはひとつなんだよね。
[PR]
# by framboise73 | 2007-10-13 12:11 | diary

ポジティブ


今、仕事が楽しいです。こういう感覚久しぶり。
ほんとは、愚痴のひとつでも言いたくなるくらい忙しくて、
この3連休も家でPCとにらめっこになりそう。
でも不思議と、それが嫌ではないの。
もっと勉強したい、使える人間になりたいと思う気持ちを、
時間というハードルが阻むことがもどかしいくらい。

詳しいことは書けないんだけれど、
先週、夢だったことがひとつ叶いました。仕事でチャンスに恵まれて。
その夢を叶えられたから、また次の目標が見えてきた。

ちょっと疲れてはいるけれど、気持ちはすごくポジティブです。
[PR]
# by framboise73 | 2007-10-06 02:08 | diary