可愛いもの、美味しいものetc…。私の「好き」をぎゅうっとつめた宝石箱です。


by framboise73
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Authentic@赤坂

f0114007_18151782.jpg旦那さんのBirthdayに足を運んだのがコチラ。
赤坂の裏道にあるAuthentic。
相変わらずハンバーガーにご執心な
私たちらしいセレクトです。
いつもキレイな写真をアップしているので
今日は食べかけの迫力ある写真を。
文字通り、お肉がはみ出しています。

ソースの味に頼らない、素材感を生かしたハンバーガー。注文してからテーブルに運ばれてくるまで結構時間がかかったんだけれど、丁寧にパティを焼いてくれている感じがして好印象。ファストフードとは言えども、手抜きはして欲しくないので。

お誕生日をお祝いするきちんとしたお食事は、今の仕事が一段落したらになりそうです。

■Authentic
add:港区赤坂2-18-19 赤坂シャレー 1F
tel:03-3505-8584
[PR]
by framboise73 | 2008-06-22 18:25 | gourmet
 中高時代のクラブ生活を共にした後輩から、突然お食事のお誘いがありました。なんでも、仲よしだった先輩のおなかに赤ちゃんがいて、生まれて忙しくなってしまう前にみんなで会いたいとのリクエストがあったとか。

 そこで、後輩が予約してくれたのが、このアマルフィ モデルナ。鎌倉に本店がある、お魚がおいしいイタリアンなんだそうです。ディナーコースで¥3800というから、あんまり期待していなかったんだけれど、なかなかよかった♪全体として、素材の味を生かすシンプルなお料理です。
 カンパチのカルパッチョ、アスパラたっぷりのトマトソースパスタ、白身魚のグリルに、デザート、紅茶、パンがついてこのお値段なら◎。隣の席との感覚が狭いのがちょっと残念だったけど、女のコ同士のディナーにぴったりのお店だと思います。

 高校を卒業して、もう10年。思い出話に花が咲いたけれど、案の定私の記憶は断片的で、「そんなことあったっけ?」の連発。どうも、中高時代の話は苦手です…。あの閉鎖的な空間で同じ教育を受けた私たちも、今はみんなそれぞれ自分の道を歩いているんだよね。なんとも不思議な気持ちになりました。「ママになる」という話をきくたびにふと寂しい気持ちになるのは、自分が未熟だということを思い知らされるからかな。

■アマルフィ モデルナ
add:千代田区丸の内1-6-4 5F
tel:0120-186-411
[PR]
by framboise73 | 2008-06-22 18:08 | gourmet

COGITO@西麻布

最近行ったレストランを書きとめておきます。まずは西麻布のCOGITO。

2年前の同じくらいの時期に訪れたっきりでしたが、好きなお店のひとつです。
MARCHE AUX VINSの山田シェフが手がけるレストランで、ワインとおいしいお料理が楽しめるビストロ風フレンチ。ミシュランの星を1コ獲得したので、予約とれるかな?と心配したものの、杞憂に終わりました。今回は、友達夫婦と私たち夫婦の4人でディナーでした。

f0114007_17173813.jpgここはすべてプリフィクススタイルのコース。

私は、サクラマスのグリルとマグロのタルタルを
さっぱりとしたお野菜でアレンジした前菜と、
メインに仔ウサギのパイ包みをチョイス。
ワインは旦那さんが白・赤それぞれ1本を選んでくれましたが、
銘柄はおしゃべりに没頭しずぎて失念…。
最後はデザートを回避してチーズで〆ました。


入口脇の小さなテーブルにはミシュランのキャラクター「ビバンダム」がデザインされたクロスがかけられていました。そこには、La table vaut le voyage.(旅をしてでも行く価値あり)の文字。この言葉は最高位の3Starを獲得したお店を現す言葉なんだけれど…と、ちょっと疑問符が。とはいえ、お料理はやっぱりおいしかった!お店自体はカジュアルですが、お料理は以前よりもビストロっぽさが薄れて、正統派フレンチに近付いたような…。フレンチの命と言われるソースが、何層にも折り重なる深い味を演出してくれます♪

隣のテーブルでは、フランス人のカップルが食事をしていました。デザートを食べた後に、向かいに座る彼女の手をテーブルの上で握りしめながらコーヒーを傾ける姿は、フランス人だからこそキマル技かしら?なかなかステキなカップルでした。

■COGITO
add:港区西麻布3-2-15
tel:03-3796-3838
[PR]
by framboise73 | 2008-06-22 17:46 | gourmet

おしごと

f0114007_0314058.jpg

 今日、あるプロジェクトのミーティングでとってもステキな女性に出会いました。正確には、前から知っている人なんだけれど、一緒に仕事をするのは今回が初めてで、その仕事ぶりにもう惚れ惚れ…。広報や企画の仕事をする上での物の見方とか、気の配り方とか、彼女から得られることは山ほどありそう。男性がやたらと多い業界で、理想とする女性の仕事人をようやく見つけたって感じです。1か月あまりの期間限定プロジェクトでかなり忙しそうだけど、彼女からいろいろ学ぶ楽しみができました。

 ちなみに上の写真は私の手帳。タイムスケジュールとTo doはこれにすべて書き込んで管理。クオバディスの手帳で、毎年レフィルだけを買いかえてます。カバーはお気に入りのフューシャピンク。これとは別に、ミーディング/アイディアノートを。手帳には相当なこだわりと私なりの書き方の法則があって、そのポリシーに従って暇さえあれば何かを書き足してます。書店のビジネス書コーナーには、手帳は1冊にまとめろっていう本がちらほら見受けられるけど、私にはこのスタイルが合っているみたい。
[PR]
by framboise73 | 2008-06-13 01:19 | diary

初★laura mercier

f0114007_1221621.jpg
 買っちゃいました。ローラ・メルシエのシークレットブライトナー♪
愛用していたテスティモのアイカラーベースを使い切ってしまって、別のブランドに挑戦しようとしたときに出合ったのがコレ。ヨレないかなーとか、クマも隠してくれるかなーとかモヤモヤしつつ、ローラのベースメークコスメを試してみたくてお買い上げ!

 早速使ってみたところ…「塗って隠す」というより「光を集めて隠す」といった感じで、目元が明るくなりました。アイカラーの発色も良好。劇的な変化はないものの、しっかりと仕事をしてくれているなって実感できる優秀コスメです♪私は、RMKのクリームファンデ⇒コレ⇒シャネルのプードルユニヴェルセルの順で使っています。

 ヒアルロン酸配合で、肌を労わってくれている感じもGOOD。
 しばらくはこれで行きます!
[PR]
by framboise73 | 2008-06-11 01:44 | cosme

GOLDEN BROWN

 昨日はゴルフのレッスンからいちにちがスタート。先月は英会話のmake up lessonの消化に必死でゴルフどころではなくて、気づけば1か月ぶりのレッスンでした…。比較的いい感じに飛んでくれたので、気持ちよかったです♪土曜日朝イチのレッスンは正直ツライんだけど、これに参加するためにきちんと起きるのでGOOD!

 レッスン後家に戻って、ある場所でランチを食べるために再出発。目的地は、ハンバーガーショップ「GOLDEN BROWN」です。今年の4月にオープンしたばかりらしいのですが、インターネットで見つけて気になったので足を運んでみることに。場所は、中目黒と池尻大橋の間くらい。私は池尻大橋から歩きました。

 オーダーはどこのお店でもそうするように、チーズバーガーを。10分ほどして、たっぷりのポテトとともに運ばれてきました。パティはボリューム控えめで、私にはぴったり。黒胡椒のスパイシーさをタルタルが押さえています。コクとまろやかさがプラスされておいしい★この大きなハンバーガーを頬張る時間、ほんとに幸せです。欲を言えば、もう少し迫力のあるチーズが入っていたらよかったな…。ちなみに、マヨネーズが苦手な旦那さんはマヨ抜きで注文したので、ちょっとシンプルになりすぎたみたいです。

f0114007_1548253.jpg 2時頃訪ねたらまだランチメニューの時間で、通常メニューはなしでした。通常メニューにあった、「マッシュルーム&スモークチーズ」がとっても気になったので、また来る機会があったら、ランチの時間は外そうと思います!

■GOLDEN BROWN
add:東京都目黒区東山2-3-1 青木ビル1F
tel:03-6661-8560
[PR]
by framboise73 | 2008-06-08 15:52

Week end

 最近仕事が忙しくて、家に帰ってくるとぐったり。週末までの日数を指折り数えながら暮らしています。特に先週は、仕事のパートナーが海外出張に出かけてしまったこともあって、英→日、仏→日のリリース訳2本と、イベント提案4本、社内報作成準備…と、怒涛の1週間でした。今週はちょっと楽になるかな…。

 平日の疲れを癒すため、土日は家でのんびり…がいちばんの理想なんだけれど、そういうわけにもいかないのが現実。土曜日は、英会話のmake up lessonが朝イチで入っていたし、おまけにフランス語会話のトライアルも入れていたしで、結局めいっぱいおでかけでした。で、ほんとうに疲れ切って、宵っ張りの私が22時半に就寝。
 さすがに今日は家にいようと決めて、洗濯とお掃除をしながら家で過ごしました。食事は旦那さんが作ってくれたから、わりとのんびりできてこんな風にBlogを更新しています。感謝。

 ところで、先週末、こんなところに出かけてきました。BMW Tokyoの試乗会です。
f0114007_2243674.jpg

 普段なかなかお目にかかることのできない、ちょっと贅沢なラインアップの試乗会。Mシリーズが3、5、6と揃っている…となれば、出かけないわけにはいきません。仕事と趣味を兼ねて出発。あ、でも、愛車Audi TT COUPE 3.2Quattro を手放す気はさらさらないです…。

 会場となった天王洲に着いたのは、招待状に書かれていた最終受付時間よりも2時間ほど前。かなりの盛況ぶりで、いちばんのお目当てだったM6は1時間半待ちとのことでした。そこで、今回は650iクーペを試乗することに。40分ほどの待ち時間をケーキとコーヒーを頂きながら過ごし、ようやく順番が回ってきました。

 このクルマは、初めて見たときにそのエクステリアに惚れたクルマのひとつです。優雅で存在感があって、少々のことには動じない逞しさみたいなものもあって。でも、乗ったのは今回が初めて!
 インテリアは「ああ、BMWだな」といった雰囲気で、規則正しいボタンの配列はドイツ車らしさむんむん。走行性能はスペックを見れば一目瞭然ですが、速いです。ラク~に加速していくので、スピード感ゼロ。それだけノイズが少ないという証拠ですね。
 でも、どこか物足りない。1200万円のクルマに乗って「物足りない」と言うのは失礼だけど、「なんだかお行儀が良すぎてつまらない」というのが本音でした。私はもっと遊びゴコロにあふれた、個性のあるクルマが好きみたいです。
 
 試乗を終えて愛車TTの前に戻ってきたとき、強烈な個性を放つエクステリアデザインに改めて感心し、シートに座った瞬間に、その見える範囲のインテリアすべてを気に入っていることを自覚し、走り出せばそのじゃじゃ馬っぷりに顔がほころび、「クルマってこうじゃなきゃ」って妙に納得。当分買い替えはなさそうです。(そもそもBMWに1200万出すなら、もう少し頑張ってアストンが欲しい!)

 ちなみに、試乗に使われていたクルマは、ほとんどが成田ナンバーの広報車でした。私が乗った650iクーペは走行距離がまだ1500kmほど。慣らしを終えたばかりの状態なのに、ガンガン回して乗りたい一般人のおもちゃにされてかわいそう…。でも、よい勉強になったいちにちでした。次こそM6!!
[PR]
by framboise73 | 2008-06-01 23:30 | diary