可愛いもの、美味しいものetc…。私の「好き」をぎゅうっとつめた宝石箱です。


by framboise73
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Holiday !

 今日は朝一番から英会話。2月にお休みしてしまった分のmake up lessonでした。土曜の朝イチなんて起きられないかも…って、予約したときから不安でしたが、意外にもすっきり起きられました。よかった〜。
 
 1時間半の授業のあと、歯医者さんへ移動。クリーニングをしてもらってすっきりです♪歯医者さんの雰囲気って苦手なんだけど、日頃手が届きにくい部分のケアは、やっぱりプロに任せるべきですね。

 一旦家に戻ったものの、この時点でまだお昼。ゴルフのレッスンから帰ってきた旦那さんと一緒に今度は青山へ向かいました。お目当ては大好きなGoro's DINERのハンバーガーと、インテリアショップBo Concept。Goro's DINERでは、今回もGoro's バーガーをオーダーしました。ちょっとスパイシーなパティと甘めなソースのコンビネーション、結構イケるんです。次は違うメニューにも挑戦してみようかな。
 
 お腹がいっぱいになったところで、再び活動を開始。目指すは第二の目的地Bo Conceptです。今度の春に引っ越しをすることになったので、このところインテリアショップによく足を運んでいます。今、私の家にある家具はこのお店で購入したものが多いのですが、愛用している家具のカラー「チェリー」が今月いっぱいで廃盤になってしまうらしく、今のうちに買い足しておこうかと悩み中です。私も旦那さんもインテリアにはこだわりがあって、ああでもないこうでもないとインテリアの話をするのは本当に楽しい時間。今日はお天気も良かったし、ついでに新宿のCONRAN SHOPにも足を運んでみました。まだ1年近い時間があるので、できるだけたくさんのショップを巡るつもりです。

 友達に会いに行くという旦那さんとは一旦新宿駅でお別れ。私はスターバックスで来週のスケジュールを整理してから、帰路につきました。ひとりぼっちの夕食、しかも今日はお休みだし…ということで、前から気になっていたDexee Deliでおべんとうを買ってみました。主菜1品と副菜2品をチョイスすると、雑穀米と併せてお弁当にしてくれます。
f0114007_2216263.jpg

初Dexeeの今回は、お豆腐ハンバーグ、きんぴら、チリビーンズを選んでみました。野菜たっぷりのお総菜がたくさんあって選ぶのも楽しかったです♪

 なんだか、とっても活動的でとっても長いいちにちでした。今からは、家事を一気に片付けます。明日は家に籠もって、持ち帰ってきた仕事&勉強がしたいので…。さぁ、もうひと頑張りです。でも、ちょっと疲れた…。 
[PR]
by framboise73 | 2008-05-17 22:44 | diary

GODIVA chocolixir

f0114007_311322.jpgずーっと前から気になっていたゴディバのチョコリキサー。
ゴディバのチョコレートを惜しげもなく使って作られた、
コールドチョコレートドリンクです。
フレーバーはぜんぶで7種類。初tryの今回は、
ちょっとビターな「ダーク チョコレート デカダンス」を
旦那さんと半分こ。(冷たいもの、苦手なんです…)
「ダーク」とはいえ、疲れが吹き飛ぶくらい甘くて濃厚で、
半分でも十分満足できちゃうリッチなお味♪
ゴディバの貫禄を感じる一品でした~。
[PR]
by framboise73 | 2008-05-05 03:36 | cafe&sweets
 いよいよGW。私の会社は、4月26日(土)〜5月5日(月)までの10連休です。

 さて、ちょっと前のお話になりますが、先日久しぶりに、クラッシックのコンサートを聴きに行きました。訪れたのは、新日本フィルのサントリーホールシリーズです。曲目は、チャイコフスキーやショスタコーヴィッチなど。満員とまではいけないけれど、ホールは年代を問わず多くの人で埋まり、華やいだ雰囲気。

 当日は、仕事を早々に切り上げてサントリーホールへ向かいました。開演とともに、さっきまでの日常が嘘みたいに思えるほどリラックス。新日本フィルの演奏に引き込まれました。アルバン・ゲルハルトのチェロもステキで、音楽っていいな…って再確認。吹奏楽に明け暮れた中高6年間を思い起こしながら、約2時間の演奏会を満喫。

 演奏者として自分が舞台にいるときは、考え方の違う50人もの人間が1曲1曲を作り上げていくことの難しさばかりに頭を悩ませて、心から楽しめていなかった音楽。いざ聴き手に回ってみたら、ああこんなに楽な姿勢で触れていいんだって、気持ちがちょっと解放されました。
 
 専門的な人であれば演奏の出来不出来など評価がいろいろあるのでしょうが、私はただ頭を空っぽにして音楽を楽しめればそれでOK。サントリーホールは造りも豪華だし、非日常へのプチ・トリップを楽しむ場所としては◎です。好きな曲目があれば、またふらりと聴きに行くのもありかな…なんて、思っています。

■新日本フィルハーモニー交響楽団
■サントリーホールシリーズ 第430回定期演奏会

シチェドリン
ショスタコーヴィッチとの対話 作品113

チャイコフスキー
ロココ風の主題による変奏曲イ長調 作品33

ショスタコーヴィッチ
交響曲第11番 ト短調「1905年」 作品103

指揮:ニコライ・アレクセーエフ
チェロ:アルバン・ゲルハルト
[PR]
by framboise73 | 2008-05-02 13:37 | diary