可愛いもの、美味しいものetc…。私の「好き」をぎゅうっとつめた宝石箱です。


by framboise73
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 転職してから、早いもので数週間が経ちました。会社の雰囲気や仕事のペースには慣れてきたものの、「他の人に比べて明らかに少ない商品知識をいかに早く補うか」が課題です。任される仕事の量も増えてきたし、ここからが正念場・・・かな。

 そんな心の緊張をほぐすべく、伊勢丹にお買い物に出かけてきました。今までは、「ここはビーチ?」と聞きたくなる(ex:キャミにパーカーを羽織って、デニムのショートパンツ・・・とか、ベアトップのワンピとか、あくまで一例)ファッションが許される職場。私自身も、雑誌sweetで見かけるような、「オフィス」とはかけ離れた洋服で仕事をしていました。
 今度の職場もドレスコードは比較的ゆるめ。でもさすがに、今まで通り…と言うわけにはいきません。この春は、クローゼットを大幅に見直さなければ…と思っています。

 そこでまず、ネイビーのニットジャケットを購入。ノーカラー&バルーンスリーブが今年らしい一着で、パンツにもちょっとボリュ―ミーなスカートにもよく合います。TOMORROWLANDで、思い描いていたカタチに限りなく近いものを見つけたので即決しました。
 次に欲しいのは、柄ワンピ・コクーンスカート・バレエシューズ型のフラットパンプス。
 次のお休みにでも、またショップ巡りしたいなぁ…。

 f0114007_19344583.jpg 
 そんなお買い物の余韻に浸りながら、足は自然とデパ地下へ。お目当ては、アラン・デュカスがプロデュースする食品店「be」です。本場パリ以外では世界初となるお店が、昨年末伊勢丹新宿店に登場。マスコミでも随分と話題になっていました。
 boulangerie(フランス語でパン屋)とepicerie(食料品店)とを組み合わせた「boulangepicier」という造語から、「be」と名付けられたとか。ヴィエノワズリーにデザート、キッシュ、サラダ、ペーストなど、お店の由来通りのアイテムが並べられています。



 そして今回購入したのは、こちらのティラミスとシトロンのタルト、「プティ・ビー」のナチュール。どれも美味しかったけれど、「一番!」を決めるなら迷わず「ティラミス」。このティラミス、定番のコーヒー味ではなくて、マスカルポーネの間にフランボワーズのソースがサンドされた変わりモノです。とっても濃厚なチーズと、フランボワーズの爽やかな甘味が絶妙でした。
 大好きなピエール・エルメのマカロンも欲しかったけど、大行列ができていたので断念。
 楽しみは次の機会に延期です。

 …と、最後は結局お菓子の話にたどり着いてしまったけれど、実は最近身の危険を感じています。「私、甘いものを食べ過ぎ…」と…。人に心配されるほど少食なので太ることはないのですが、足りないエネルギーを砂糖で補ってしまうんですよね。口寂しくなると、甘いコーヒーやチョコレートに手が伸びて…。
 職場のフランス人からは「ボクの奥さんも甘いもの大好き。でも、30過ぎたら一気に太り始めたよ。framboiseちゃんもリミットが近いから、セーブした方がいいよ」との忠告が。そういう彼もお菓子が大好き。「フランス人はコーヒーとデザートを食べないと、食事が終わらないんだ」と言い訳しながら、ランチのあと必ず、デスクでコンビニスイーツを食べています。もちろん、外見は日に日に膨らんでいる様子。
 その有様を見ていたら、さすがに危機感が芽生えてきました。太る太らないに関わらず、こんな砂糖漬けの生活、カラダにいいわけがないんですよね。これからは、「これぞ」というスイーツを休日にだけ楽しもうと思います。口寂しくなったらガムでガマン。

 …と言っているそばから、実家の母が豆大福&おはぎを買ってきました。ダメだこりゃ。
[PR]
by framboise73 | 2007-03-17 20:42 | diary

ひとつの転換期

 ひそかに覗いてくださっていた方、ごめんなさい。更新をお休みしてしまいました。

 この1ヶ月の間に、ちょっとした転機が訪れて新しい生活が始まりました。

 まず、3年間お世話になった編集部での仕事を一旦卒業。
右も左も分からない雑誌作りの現場で、根気強く指導してくださった編集部の皆様と、サポートしてくれたスタッフには感謝の気持ちでいっぱいです。まだいくつかの作業を残しているので、何度か足を運ぶことになるとは思うけれど、あの雑然とした&戦場のような編集部から離れると思うと、ちょっとだけ寂しい。

 長い間担当させて頂いている連載を、誰かに引き継ぎたいと申し入れたのは秋。
前にもちょこっと書いたけれど、「もう一度フランスに行こう」と決意してのことでした。ただ単にフランス語を勉強しに行くのではなくて、大好きなお菓子に少しでも長く触れて過ごしたいと、製菓学校に行くことを考えていました。パティシエになりたいとかお菓子教室を開きたいとか、そんな大それた夢は微塵もなくて、「趣味に没頭する時間が欲しかった」というのが正直なところです。

 けれども、最後の校了を無事に済ませてひと息ついたとき、「ここで働きたい」と強く惹かれる会社で採用案内を見つけました。応募資格を満たしていないのは承知の上で、無謀にも応募。
結果、採用…という運びになりました。

 勤務を開始してしばらく経ちましたが、外資系の企業で営業職を経験したり、メディアを通して情報発信することを学んだり、フランス語や車に夢中になったり、統一感なくばらばらと散らばっていた私のキャリアと趣味が、ようやくひとつになりそうな予感がしています。
 ちょっと遠回りをしてしまったけど、「今の仕事をする上で無駄になるものがひとつもない」というのが、ほんとうに嬉しい。念願だったフランス行きは、また少し先のお話になりそうです。

 まったく新しい世界に飛び込んだので、勉強しなければならないことは山のようにあります。フランス語ももっとレベルアップさせないといけないし、業務上身につけなければならない専門知識もたくさん。うずたかく積まれた課題を少しずつ切り崩すことから始めるつもりです。

 そんな事情で、しばらくお休みしてしまいましたが、これからもマイペースに更新していきたいと思います。今後とも、お付き合い頂けると嬉しいです。

 相変わらず行き当たりばったりな人生、万歳。
[PR]
by framboise73 | 2007-03-11 04:32 | diary