可愛いもの、美味しいものetc…。私の「好き」をぎゅうっとつめた宝石箱です。


by framboise73
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2006年 12月 07日 ( 1 )

BIODERMA

 フランスでは、薬局で販売される、医薬品に限りなく近いスキンケア商品(デルモコスメティック)の種類がとても豊富。シャネルやランコムなどのブランドコスメももちろん人気がありますが、こういったデルモコスメティックを薬剤師さんと相談しながら買い求める人も多いんです。アベンヌなんかもその一例。多くのアイテムが(日本円に換算すると)¥1000台で手に入るし、薬局なら街の至るところにあるし、その手軽さが支持を得ています。

f0114007_054746.jpg
 こちらの、ビオデルマもそのひとつ。敏感肌・乾燥肌に悩む女性向けのブランドです。日本の店頭ではなかなかお目にかかれませんが、輸入元の広報活動が功を奏してか、知名度はじわりじわりと上昇。その証拠に、先日、職場のビューティー担当者から「使ってみて」とアトデルム ミルクDの現品を頂きました。乳液はアルビオンを愛用しているものの、こちらの商品も試したくて早速使用しています。
 
 「ミルク」という商品名にふさわしく、テクスチャーはかなり緩め。驚くほど伸びがよいので、少量で顔全体に広がります。そして、何よりも優れているのは、肌質をやわらか~くしてくれること。吸い付くような保湿力は期待できませんが、思わず頬を撫でたくなること間違いなしです。
 フランスでは、このラインの拭き取りクレンジングの人気が高い模様。フランスを訪ねることになったら、ラインで購入してみたいブランドです。

 先週末、7時間に及ぶロケを終えて帰宅したら、寒風に耐え切れなかった肌に乾燥ジワが…。目元がとりわけ酷くて、毎日必死になってランコムのアイクリームを塗っています。効果のほどは…?女性にとってコスメ選びは永遠の課題ですね。
[PR]
by framboise73 | 2006-12-07 03:09 | cosme