可愛いもの、美味しいものetc…。私の「好き」をぎゅうっとつめた宝石箱です。


by framboise73
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

一生ものだから

 2007年も残すところわずか。今年は変化に富んだいちねんでした。でも、結果的には、すべてプラスの方向に動いています。よかった。
 新しい職場でも仕事を任せてもらえるようになってきて、それなりに忙しい毎日を送っています。けれども、今のところストレスフリー。来年はもうちょっと忙しくなりそうだから、今のうちにいろいろと下地を作っておきたいな。

 で、本題。雑誌で「自分へのごほうび」なんて言葉をよく目にします。「日ごろ頑張っている自分に、自分でちょっと豪華なごほうびあげる」というコンセプト。ラグジュアリーなホテルに一日ステイするとか、高級スパでのんびりするとか、男性にはちょっとおねだりできないようなジュエリーを買うとかetc。「まだ相応しくない」と思っていた私も、28歳になって「そろそろいいかな」という気持ちになってきました。

 そんな折、ひとつの出合いが。見た瞬間に惚れ込んでしまって、悩みに悩んだ末、購入を決意。メンテナンスをお願いして、3日後に手元にやってきました。
f0114007_2394022.jpg

スイスに本拠を置く、とある時計ブランドの腕時計。マニファクチュールとしての長い歴史を持つ老舗メーカーです。一点一点手作りの自動巻き。ケースはWG、ベゼルとラグの石はダイヤモンド…と、驚くほど高価で豪華な品です。28歳の私にはまだ早いと思ったけど、この種の時計は生産数も多くはないし、これもきっと何かの縁。タンスの肥やしにしてしまっては勿体ないので、折を見ては身に付けて外出しています。これを付けた日は、なんだか気持ちが引き締まります。

 一生ものの時計。ちょっと背伸びしちゃったけど、近い将来、この時計に見合う女性になれたらいいな…。
[PR]
by framboise73 | 2007-12-24 12:19 | fashion